--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.21

タガマヤ村訪問

Category: ロボ3号
P1040865s.jpg






皆様おひさしぶり~です。一か月ぶりの登場ロボ3号です。

さて、、先週末、
山形にある「タガヤマ村」なる古民家に兄弟夫婦4人プラスワンコ2匹で宿泊してきました。
当初は当会会員であられます北海道北見市のA氏が
お一人でこちらに宿泊された際、リアルタイムにロボ3号に御電話を頂いたことが発端で
A氏のお話から無性に泊まって見たくなり、速攻で予約し、先週参った次第です。

こちらの宿はオーナーの半助氏が数年前に築150年程度のこの建物を買い取り、
宿泊施設としてはまだ日も浅い施設なのですが、その浅い中で座敷わらしの目撃談が
宿泊者の皆さんから多く寄せられています。
宿の部屋数としては8部屋以上、中でも奥の間に目撃情報が多いようです。
その奥の間はこんな感じの床の間があります。
P1040877s.jpg
こちらの座敷わらしはどうやら女の子のようです。
おもちゃというより女の子が好む人形が多く飾られてました。


さて、実際に滞在してみますと、夜は思った以上に怖いという感覚は出ます。
思い起こせば緑風荘に初めて泊まった時も同じような感覚が出た覚えがあります。
緑風荘の時も恐怖感はそして夜が更けるにしたがって、
薄くなり次第に居心地がよくなります。
そして次の会は全く恐怖心など感じなくなります。
慣れというにはちょっと違う。これはいったい何なのかはわかりませんが
同じような感覚がこのタガマヤ村の古民家でも感じる事が出来ました。
とはいえ、北海道のA氏はここに一人でご宿されたこと思えば
彼は結構怖かったんぢゃないかなと容易に想像が出来て、ほくそ笑んでしまいました。

そして夜が進むにつれオーブも飛び回ったり、撮影すると多く写ります。

P1040926s.jpg

また皆で囲炉裏を囲み歓談中、
連れて行ったワンコが誰もいない部屋に向かって吠えだしたり
真夜中、奥の間でシーシーと変な音はしておりましたが
今回このタガマヤ村に宿泊し座敷わらしに遭えたと言えば遭えてません。
遭えてなくともオーナーの半助氏のお人柄も素晴らしく居心地も良い宿なので
ぜひまた次も利用したいと思います。わらしは次回にリベンジ!

ちなみに私の寝た奥の間の隣、次の間で寝たワイフは眠れなかったようです。
どうやら座敷わらしではなく座敷ブタが夜現れ、轟音を響かせたため
あまりのうるささに眠れなかったそうです。
ちなみに3つ隣りの部屋に寝た兄夫婦も夜中に動物が鳴いていたとの証言・・

座敷ブタ・・・動物の鳴き声・・
って、、そりゃロボのいびき・・・いらん遠回しの言い方されとる。。汗

お後が宜しいようで。。

タガマヤ村 オーナー半助氏
〒990-0406 山形県東村山郡中山町大字柳沢41番地
http://tagamaya.com/

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zasikiwarasikanrinin.blog.fc2.com/tb.php/42-91fd3518
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.06.07 09:52 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.06.07 14:26 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.06.08 19:04 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.06.09 10:24 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.06.12 22:14 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.07.08 19:23 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.09.06 18:28 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.12.14 20:16 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.12.31 17:55 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2017.11.06 11:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。